カードローンを取り巻く決まりについて

カードローンには様々な制限や法律で守られています

カードローンを取り巻く決まりについて

よく聞く総量規定ってどういうもの?

カードローンをネットなどで調べていると、総量規制という言葉をよく発見します。
この言葉の意味を知っている方はおそらく少ないのではないでしょうか。
カードローンを頻繁に利用している方であれば、言葉は知っているけど、詳しい意味までは分からない・・・といった感じです。

この総量規制は、年収の1/3以の借入をすることが出来ないという法律です。
なぜ、総量規制が発足されたのか?
これは、今まで全く規制がありませんでした。その為、お金がなくなっては借金を繰り返すといった方ばかりで、どんどん借金が膨らみ最終的には返済をすることが出来なくなってしまい、自己破産をしてしまう・・・という最悪なシナリオになってしまっていました。

こういった借金地獄に陥る人を少しでも少なくしていかなければということで、総量規制を設けたのです。


一気に複数のカードローン会社に申し込まない!

ブラックになると、カードローンの審査に落ちやすくなる・・・こういった情報が飛び交っています。
確かに、ブラックになると借入をすることが難しくなります。
このブラックは、過去に滞納があった方だけではなく、申込みブラックもあります。
申込みブラックは、短期間の間で数多くのカードローン会社へ申込みをしてしまうことです。
これは、カードローン会社にしてみれば、凄くお金に困っている人だと判断してしまいます。
結果的に、カードローン会社は怖くて審査で落としてしまうのです。

カードローン会社と申込みをする人の関係は信頼関係で成り立っているので、もし審査に落ちることが怖いと思っても、全部のカードローン会社に一気に申込みをすることはやめましょう。
もしかしたら、審査に問題がない方でも通らなくなってしまいますので注意が必要です。


債務整理後もカードローンを利用できる可能性がある

過去にカードローンをしている中で、債務整理の経験があるという方は、いつになったらカードローンを利用することが出来るのでしょうか?

これは、債務整理をしても最後まで借金返済をしているのであれば再度カードローンを利用することが出来る割合が高くなっています。
債務整理をしてことは、5年間信用情報の履歴に残り続けますが、最後まで借金返済をしているとなれば、支払をする意志がないとか、能力がないわけではないと判断してもらうことが出来ます。

過去に債務整理をした方の多くは、カードローンを利用することが出来ないといわれていたり、審査に通りにくいといったイメージがありますが、債務整理をしたからと言って、カードローンに申込みができないわけではないので、もし急にお金が必要になった場合には、カードローンへの申込みをしてみるといいでしょう。


メニュー

Copyright© 2014 カードローンを取り巻く決まりについて All Rights Reserved.